日本医師会認定 全国医師会医療秘書学院連絡協議会加盟校
         
            
    
 医療秘書は『医師の良きパートナー』  
 
  トップページ医療秘書の仕事 カリキュラム学校生活 活躍する卒業生
           学院概要 学院スタッフ アクセス お問い合わせ
 ご 挨 拶
 

 学 院 長 

 
 静岡県医師会
  会長 篠 原  彰

近年の医学の発展と医療技術の進歩に伴い、医療の内容はますます高度化するとともに多様化しております。医療関係の職種もそれぞれに専門的な知識・技能が必要とされるようになり、医療事務においても、情報処理の高度化はめざましいものがあります。
超高齢社会を迎えた現在、地域医療を支える医師の業務はますます多様化されてきています。「医療秘書」には医療機関と患者さんとの接点となり、医療事務や情報管理の中心的役割を果たすと共に、医師の専門的な活動を支える重要な役割が期待されています。
 医療秘書を養成する学校は全国に約200 校ほどありますが、本学院は、県内唯一の日本医師会認定医療秘書の養成校として平成4年より運営されており、日本医師会認定カリキュラムに基づき、保健・医療・福祉の基礎教科と医療秘書としての専門教科を優秀な教師・講師陣が担当しています。
 就業状況についてですが、毎年静岡県医師会から県下医療機関等に対し医療事務職員採用の協力を依頼することにより就職率100%を達成しており、本学院卒業生は主として開業医療機関において、受付業務や保険請求事務を中心に活躍しております。また、平成20年の診療報酬改定において、勤務医の負担軽減を目的として「医療事務作業補助体制加算」が創設されたことにより、今後は大病院等においても、診断書などの文書作成、診療録の代行入力、診療に関するデータ管理等を担う医療事務作業補助者(医療クラーク)の需要が高まります。
 本学院を卒業されましたら、医療事務の専門職として地域医療の担い手である開業医療機関での活躍を続けていただくとともに、今後はより専門性の高い医療事務作業補助者(医療クラーク)を目指してほしいと願っております。

 
 副学院長
  
  
学校法人長嶋学園
理事長 増田 正史

 
 昭和43年に静岡県医師会の要請により創設されました通信制の副看護学院を前身に、診療事務の知識・技能の高度化を考慮して平成5年全日制の専門学校静岡医療秘書学院を設立致しました。OA機器の進歩はあらゆる分野において改革が求められました。医療事務に置きましても高度な情報処理技能が要求されることになりました。医学の果たすべき役割は、人類の健全な健康管理、豊かな生活環境にあると考えます。その任を果たすためには限りない診療技術の進歩、そして複雑かつ多忙な医師の事務作業を十二分に補佐できる人材育成が重要になるかと考えます。
 幸い本学院は、静岡県医師会のご協力により、日常診療実務に当たられた経験豊かな医師を講師としてご指導を受けることのできる県内唯一の「医療秘書」の専門校であります。
 さらに、全国を代表するICT教育の城南静岡高等学校の施設及び講師陣を揃えており高度な医療事務に十分対応できる人材育成を目指しております。


専門学校静岡医療秘書学院
〒422-8042
静岡市駿河区石田1丁目20番11号
TEL.054-288-5678  FAX.054-288-0555
アクセスはこちらから   お問い合わせはこちらから 
Copyright (C) 2006 専門学校静岡医療秘書学院. All Rights Reserved.